ホーム > 優良木造事例表彰 > 令和2年度 木材利用優良施設コンクール 受賞施設の概要

令和2年度 木材利用優良施設コンクール 受賞施設の概要

令和2年度 木材利用優良施設表彰(決定)
令和2年10月16日
木材利用推進中央協議会
会長 鈴 木 和 雄
 

令和2年度 木材利用優良施設の表彰について


 当木材利用推進中央協議会は、昭和59年発足以来、各都道府県に設立された地方協議会と一体となり、木材の利用推進・需要拡大のための諸運動を実施しています。
 この一環として、平成5年度から農林水産省の後援の下に、木材の利用推進等に寄与すると認められた優良な施設に対して、毎年度、内閣総理大臣賞、農林水産大臣賞、国土交通大臣賞、環境大臣賞、林野庁長官賞及び木材利用推進中央協議会会長賞等の表彰を実施しています。
 本年度の受賞作品として下記の13点を決定いたしましたので、広く皆様方にお知らせ下さるようお願い申し上げます。


1.受賞施設及び受賞者
 【内閣総理大臣賞】白鷹町まちづくり複合施設(山形県西置賜郡白鷹町)
 【農林水産大臣賞】mother’s+(マザーズプラス)(北海道白老郡白老町)
 【国土交通大臣賞】魚津市立星の杜小学校(富山県魚津市)
 【環境大臣賞】有明体操競技場(東京都江東区) 
 【林野庁長官賞(3点)】
  • morinos(森林総合教育センター)(岐阜県美濃市)
  • 日光市本庁舎(栃木県日光市)
  • WITH HARAJUKU(東京都渋谷区)

 【木材利用推進中央協議会会長賞(4点)】
  • FLATS WOODS 木場(東京都江東区)
  • 長門市本庁舎(山口県長門市)
  • 天草市複合施設「ここらす」 (熊本県天草市)
  • THE THOUSAND KYOTO KOMOREBIDO (京都府京都市)

 【審査委員会特別賞(2点)】
  • Hokkaido CLT Pavilion(北海道旭川市)
  • 高知学園大学(高知県高知市)

※ 詳細は別紙「受賞施設の概要」のとおり


2.表彰式(「木材利用推進全国会議」内で開催)
  (1)日時:令和2年10月30日(金)15時00分から

  (2)場所:木材会館
     東京都江東区新木場1−18−8 TEL03-5534-3111
   ※ 定員は、会場参集50名、Web参加者100名
  詳細・申し込みは、「令和2年度「木材利用推進全国会議」―木の街づくりの推進に向けてー」のとおり。


3.審査の経緯
  審査委員会の開催
  審査委員長 三井所清典(公社)日本建築士会連合会名誉顧問 三井所 清典
  令和2年10月9日 永田町ビル 大会議室
  審査対象施設=37施設(76施設のうち一次審査を終えた施設)

  問合せ先:木材利用推進中央協議会
  担当者:事務局 肥後賢輔 米望孝夫

  〒100-0014 東京都千代田区永田町2−4−3 永田町ビル6F
  TEL03-3580-0335 FAX03-3580-3226
  E-mail:higo@zenmoku.jp


受賞施設及び受賞者(PDF)
木材利用優良施設コンクール受賞施設について(PDF)
令和2年度「木材利用推進全国会議」ー木の街づくりの推進に向けてー(PDF)